中性脂肪を下げる 食事

食事で中性脂肪を減らすには?

中性脂肪を減らす食事とはどういうものかというと、簡単にいってしまえば朝昼晩の三食を規則正しく、そしてバランスのとれた食材を幅広く摂取することにつきます。偏ってはいけません。

食事内容で控えなければいけないのは、一番は動物性脂肪です。外食が多いとどうしても増えてしまいがちです。同じくアルコールや砂糖などの糖分の摂取もできるだけ減らすことが望ましいです。

中性脂肪を減らす食事では、野菜が不足している人は積極的に野菜を食べるようにしてください。食物繊維には中性脂肪を下げる効果があるといわれています。

中性脂肪を減らす食材として効果的なのは、青魚です。サバやさんま、イワシなどがそうです。青魚には中性脂肪を減らす効果のあるEPAが大量に含まれているからです。

健康診断で中性脂肪を示す数値HDLやLDLが高いという診断結果が出るまでは、中性脂肪を減らす食事に見直しをしようなんて考えたこともなかったと思いますが、大きな病気となる前に中性脂肪はぜひ減らしておきたい脂肪です。

放っておいても体にはほとんど何の症状もあらわれないので、ついつい対策を怠りがちですが、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクは確実に高まります。別名サイレントキラーと呼ばれる病気です。

中性脂肪が高いと。。

中性脂肪を減らすには、食事の改善と適度な運動が必要となります。この二つをきちんと対策したうえで、サプリメントを併用すると、効果的に中性脂肪を減らすことができます。

中性脂肪は人間の体には必要な栄養素で適正量であれば、なんら健康に問題はありませんが、HDLが基準値を超えてくると、血液がドロドロになり動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす原因となります。

中性脂肪は自分で見直しができるうちに改善するのが望ましいものです。サプリメントではなく薬の服用を進められる前に、血液をサラサラの状態へと戻しに行きましょう。

青魚数十匹分の血液サラサラ成分をおいしく補給できるニッスイのイマークを定価の1/3で試してみるにはこちら

クレジットカード